2011年 07月 16日
竹富島 Ⅱ
d0065116_8391818.jpg

待望の竹富島なのに、太陽が・・・・・(>_<)
それでもきれいですよ、ええ、きれいなんだってば!!

西桟橋、ここからの夕日は格別らしい、お泊りのお客さんしか見れない夕焼けショー。
私はせっせと葉山で撮るか・・・・(^_^;)

d0065116_8404523.jpg

星砂の浜、カイジ浜ですが、なかなか星砂がありません(-_-)
砂ごともってっちゃう人がいるので砂持ち出し禁止です・・・甲子園じゃないんだからっ

d0065116_841451.jpg

まだまだ家が小さいね、あんた。

d0065116_859367.jpg

晴れれば絵に描いたような浜らしいぞ・・・・コンドイ浜って・・・・ちぇ。

d0065116_84262.jpg

絶賛レンタルちう~~

d0065116_8445749.jpg

お昼はやらぼさんで海老野菜そば、これがうまうまうまーーーー!!!!!
竹富島にきたらここの海老野菜そばとカレーそばがおすすめです♪

d0065116_8451024.jpg

お隣にある資料館、何年もかけてたくさんのシーサーを作ってる方がいます。
どの子も愛らしいですね。
館長さんのお話もとっても楽しくて竹富島が10倍好きになりますよ(^_-)

d0065116_8452361.jpg

神がやどる森。

d0065116_941936.jpg

なかなか観光客だけでは行けないと思われるアイヤル浜。
ここにくる道は川口浩探検隊員になった気分デス!!
隊長~~、運転がワイルドでーーーす、あ、道がこわれてるのか・・・(^_^;)

d0065116_8491015.jpg

太陽ってありがたいね。
内盛荘のおかあちゃんは「ここは太陽が10個あるみたいだよ」と
言ってました。

でも東京はたぶん15個くらいあるんじゃないかと思われます・・・・(-_-)

by apy-k | 2011-07-16 09:24 | 旅行 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://apyway.exblog.jp/tb/14107696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なると at 2011-07-16 09:40 x
海の色ハンパねぇ~~~~
超感動した!!!
受付嬢もかわいいしw
ここには間違いなく神様がいるな
Commented by hashihiro3 at 2011-07-16 09:53
こんにちは

何と言う海の色!!
すんばらしです。
命の洗濯にはもってこい
あ~海に行きたいー

Commented at 2011-07-16 11:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sonny burnett at 2011-07-16 16:46 x
こんな景色楽しんでいたら、家帰って熱出るの当たり前w

西表には星の砂あったよ。
Commented by dejikaji at 2011-07-16 20:47
イナさん、こんばんはです。
何処のビーチも白い砂青い海~ですね♪
おまけに人も居ませんで、この空間独り占めってのがたまらんです。
こんな素敵な所に、おまけにニャンコまで居るとはこれは行かなくては生けませんね~!
サム-ジャンボ当たらないかな~(^_-)-☆
Commented by HARU at 2011-07-16 21:00 x
沖縄の写真、楽しみに見ています。
7年前に下の娘がお腹にいるときに沖縄(本島ですが)に行きました。
一言で言うならば「日本」じゃないですよね。
素晴らしい景色の数々・・

それにしても「川口浩探検隊」とは古いですな・・
しっかり笑ってしまう自分も古いですが・・・
Commented by sima7sima7 at 2011-07-16 21:37
こんばんは
ブログを開けてビックリ!乳白色の海が目に飛び込んできました~ こんな海は自分の記憶に無いです
大胆な構図もプラスに働いてナイスな1枚です
コレに夕日のオレンジが加わったら、相当に綺麗でしょうね! 見てみたいな~
Commented by apy-k at 2011-07-16 21:52
なるとさん、晴れてたらもっともっともーーーーーーーっと
すごい景色が撮れたんだけどね・・・ま、前回よりマシだから。
この島々は天候がかわりやすい、とか台風のリスクが高いとか
行くのも賭けみたいなとこあるよ。
何度も行ってるけど台風に遭遇してないことだけでも
すごい運が強いかも(^^♪

受付嬢だけじゃなくてそこらへんでにゃんこがでれ~~んと寝てるんだぞ!にゃんこパラダイスでもあるんだぞ!!にゃー。

そうそう、竹富島には特に神様が近くにいる感じというか
神様に守られてる島という感じがしますよ、満月の日は
神様祭りだろうね~(^_^;)
Commented by apy-k at 2011-07-16 21:57
hashihiroさん、こんばんわ!
海ってつながってるのにどーしてこんなに色が違うんでしょ!
ほんとはもっと夏雲が広がってる写真を撮る予定だったんだけど・・・
仕方ないやね(-_-)
もし沖縄方面に行くことがあれば高くても夏に行くべし!!
冬は暖かいから、って行っても夏の風景にはかないませんから。

とりあえず三浦半島くる?活断層があるけど・・・(^_^;)
Commented by apy-k at 2011-07-16 22:01
鍵コメさん、ただいま~
あーなんちゅー天気の違い!!!私もこういうの撮る気まんまんで
行ったんだけど・・・・おっかしいなぁ・・・・
滞在期間がもうちょっと長かったらよかったけどね。
なかなか長期には休めないだわ(>_<)

さて、夏休みか~、もうこの際行っちゃいなさい!八重山に!!!
Commented by apy-k at 2011-07-16 22:05
sonny burnett さん、そーかー熱でちゃっても仕方ないかー(^_^;)
もう撮りまくりだしねぇ。
1200枚は撮ってきたさ~ 1枚1枚確認するので疲れちゃったかも・・・・・・

そうそう西表の星砂の浜にはちいこいのがあった!
でも昔はもっとざっくざくあったんだろね。
Commented by apy-k at 2011-07-16 22:15
dejikajiさん、こんばんわ!
まだ夏休み前だから人も少ないのか、いつも少ないのか?
船の便はたくさんあるのでそれなりに人が渡ってきてるんだけど
どこの浜もの~んびり感漂ってますね(^^♪
みなさん浜にいるかチャリで島をまわってるかです。
にゃんこも逃げずにでろ~~んと寝てます、海とにゃんこ
dejikajiさんにとっては超新鮮な組み合わせですよ!!
宝くじ当たったら迷わず行っちゃってくださいね!!

青い海、白い浜でまたまた脱皮ってことで(^_-)
Commented by apy-k at 2011-07-16 22:27
HARUさん、楽しみにしてくれててありがとう~(^^♪
もっと天気がよければなんだけど・・・2年前のブログに天気のいい
沖縄本島の写真がありますんでなつかしんでくれてもいいわよーん。
初めて沖縄に行ったのが25年くらい前かな?
日本じゃないじゃん!たしかにそう思いました。
初めて行くとその感覚はインパクト大きいですよね!
そして八重山もまた沖縄本島とは違う空気が流れてます。
不思議。

川口浩探検隊、次の日も荒れる海にむかって出動しましたっ!
もうね・・もうね・・・・当分船乗りたくねぇぇぇぇ(>_<)
Commented by apy-k at 2011-07-16 22:39
シマシマさん、こんばんわ!
曇ってても海の色はこっちの海の何倍もきれいです♪
うらやましいですよね。
この桟橋は夕日の頃になると夕涼みしながら夕焼けを見るのに
もってこいです!
でも船は日の入前には最終便がでちゃうのでお泊り客しか
みることができません(>_<)
いいな~

よーし次はいっちょ島に泊るとするかっ!
まだ行く気な私(^_^;)
Commented by yuzu-lotus at 2011-07-17 23:20
いーなー海の色サイコーだなー。
こんなとこ住んだら最後、今以上にぼーっとしてまうなー。

ところで、森の手前で大和の神様の鳥居なんて立てんでええのにな。
あの奥ってたぶん「ウタキ」かなんかでしょう?
ハブにかまれるさぁ~。
Commented by apy-k at 2011-07-17 23:40
yuzu-lotusさん、色いいよ~、こっちよりバカみたいに暑くないし・・・・
住んだらウハウハ写真撮りまくりだなー、でも竹富島には
カラオケないぜ・・・・(-.-)

そうそう「ウタキ」ですね、けっこう鳥居見るんだよね、これが。
そのかわりお寺は見ない・・・
ま、なんたってちゃんぷる~の文化だからね。
あーチャンプルも食べすぎたな・・・げふ。

ハブや~ね~、でも竹富島のハブはシキシマハブって種類で
毒がやや弱いらしいよ。
でも、ハブはハブ、お会いしたくないですな一生。
Commented by amboina at 2011-07-20 05:51
雨も時折ぱらついていましたしね。
まぁ、私ができる事といったらワイルドな観光案内ドライバーぐらいでした。

あの店の、あのソバは美味しかったですか?
天気が悪い分、せめて胃袋くらいは満足していただきたかったのですが…

次回はぜひ宿泊してくださいね。
民泊に近い粗雑な宿ばかりですが、その分リゾートホテルでは味わえない気兼ねなさや親近感、島文化とのふれあいなどが存分に楽しめると思います。(宿泊ビジネスの基本や発展のヒントはもしかしたらこういう場所に残っているのかもしれません)

ともあれ、わたしはこんな小さな島でいつも休暇を過ごしています。
島の人から声をかけられたり、かけたり。
笑ったり笑われたり、怒られたり怒ったり。
それでも次の日には仲良く皆で船から荷物を降ろしたりして楽しく過ごしています。

そんな素朴で屈託のないこの島に、ぜひまた一度お越し下さいね。

しかっとぅ・みーふぁーゆー、
てーどぅんにまた、おーりとーりーゆー。
Commented by apy-k at 2011-07-20 18:17
amboinaさん、いや!隊長~~~~
ワイルドで楽しかったですよ、雨でも・・・・あは。
あのそばはとーーーーーってもおいしかったです、また食べたいです。
あの海老の大きさとあれだけ入ってあのお値段!
食べなきゃ損ですよ、あれは。
あとカレーそばも♪ とても気になってるのでーす。

西桟橋の夕日は泊まらないと見れないんですよね、星降る空も。
泊まっちゃおうかな!!
ちょっとだけお邪魔させてもらった内盛荘さんだけど
みなさん仲間というか、親戚というか、ファミリーですねぇ。
ここに帰ってきちゃうamboinaさんの気持ちがよくわかります(^^♪
私も島の人になってあの荷物を一緒におろして運んだりしてみたいなって思いました・・・・腰弱いけど(^_^;)
また次に行くことを考えて楽しみにしています。
雨乞いしないと・・・あはは。

てーどぅん、よいとこヽ(^。^)ノ みんなもおいでよ~

やいまとamboinaさんにみーふぁーゆー♪





<< 西表島      竹富島 Ⅰ >>