2014年 02月 04日
いつかの夕焼け Ⅲ
d0065116_1841243.jpg

夕焼け、太陽が沈みきると淡い色が浮き上がる。
そして闇に覆われる・・・

この時間帯もがんばって待ってればきれいに染まる空が見えるけど
大体一人で待ちきれず・・・・帰っちゃう。

こういう時、海辺の家だったらなーと思いますねぇ。

ちぇっ 近いといっても家のまん前に海があるわけじゃないので・・・・

2
d0065116_18411574.jpg


3
d0065116_18415887.jpg


4
d0065116_18422083.jpg


5
d0065116_18424996.jpg


6
d0065116_18433214.jpg


by apy-k | 2014-02-04 18:40 | 風景  海 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://apyway.exblog.jp/tb/20308264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mn3m at 2014-02-04 21:01
夕焼けの後の日が沈んでからの小焼けってやつですよね。
これも綺麗ですよね。
でも、今回は1枚目のしぶーい色に惹かれましたよ。 
美しい夕焼けも良いですが、こういうのも味があって良いです。
Commented by sima7sima7 at 2014-02-04 21:07
こんばんは
そうか~海の近くでは塩害で家が華だらけになるから、会社を海の近くにします(汗・汗)
トップの薄めの夕日も、」シットリして日本画の描写で美しいです
Commented by henronin at 2014-02-04 21:13
海辺にあまり近くない方がいいのでは?近いとそれなりに心配事も多いようで
1枚目 日本画のようなトーンが素晴らしい 富士山の配置 色合いが絶妙です。
Commented by dejikaji at 2014-02-04 21:47
イナさん、こんばんはです。
陽が沈んだ後の余韻の夕焼け、切なさも感じられて好いですね。
4枚目、小屋の窓明かりが好いアクセントになってますね。
Commented by apy-k at 2014-02-05 06:54
mnさん、そうなんです、ブルーモーメントとかマジックアワーとかいいます。
けど、けっこう一人だと長いんですよ・・・・
夕飯つくらなくちゃ!!とかもあって、粘れず帰っちゃう^^;

1枚目のようにうっすらな感じもきれいですよね~
夕焼けをずーっと見てるといろんな色をみせてくれるので
あちこち撮りにいくよりおもしろいかも!!
Commented by apy-k at 2014-02-05 06:56
シマシマさん、おはようございます!
そうですそうです、塩害はいろんなものの寿命サイクルが短いです(-.-)
長年住み続けるというより、5~6年限定くらいでもいいかも♪
会社が海の近く!それ思いつきませんでした!!!

1枚目、日本がみたいですか!!
ありがとうございます♪
Commented by apy-k at 2014-02-05 06:58
henroninさん、近年海のそばというのは津波の心配が
高くなりましたね~
台風の時もそうだけど・・・・
撮影で歩いててもついつい「ここは海抜〇〇m」って表示を
見てしまいます・・・・
ちょっと近いくらいでいいのかもしれないですね~

富士山、どこにいれても絵になりますね、こんな小さくてはじっこでも^^;
Commented by apy-k at 2014-02-05 07:00
dejikajiさん、おはようございます!
まっかっか祭りのあとの静かな色合いの時間です。
どんどんさみしくなっちゃうんですけど、この切なさもまたよくて♪
早く帰ってご飯食べよう~みたいな気持ちもいいんですね、なんでだろ?

小屋のあかり、あるとないとじゃちょっとニュアンスかわったかもしれないですね、ラッキー♪
Commented by arak_okano at 2014-02-05 17:32
夕焼けシリーズ良いですね、バグースです。この作品もそうですが、太陽が沈む直前とその瞬間は感動ですが、しずんでから、15~20分後紫のグラデーションが大好きです。沈んでからが二度美味しいです、もちろん染まらない日もありますね。
Commented by apy-k at 2014-02-06 09:18
アラックさん、そうなんですね~沈んでからのお楽しみもあるんですよね~
なかなかそこまで待ってられない自分と不発な日と・・・・
うまくかみ合った日がほとんどございません・・・・

とりあえずここまでが精一杯で・・・・

でも十分堪能できますよね♪


<< Wave      いつかの夕焼け Ⅱ >>