2014年 03月 10日
Xin chào ベトナム♪ Ⅸ
d0065116_20355554.jpg

ベトナムのシャンゼリゼ、ドンコイ通り。

雑貨屋さんやホテルが多いですね、滞在するならこのエリアが便利です。
特に古くて素敵なホテルマジェスティック!!
泊まらないなら突撃!!

クラシックホテルですねー、横浜のグランドホテルにちょっと似てるかな。

しかし、このエリアもバッグはしっかり前に持ってください警報!!
いそがしいです。

ベトナムのいろいろな顔。

2
d0065116_2038431.jpg


3
d0065116_20381944.jpg


4
d0065116_20385316.jpg


5
d0065116_2039347.jpg


6
d0065116_20394957.jpg


7
d0065116_2040323.jpg


8
d0065116_20404438.jpg


9
d0065116_204317.jpg


10
d0065116_20434072.jpg


11
d0065116_20445100.jpg


12
d0065116_2044304.jpg


13
d0065116_20445365.jpg


14
d0065116_2045367.jpg


15
d0065116_20455611.jpg


16
d0065116_2046490.jpg


by apy-k | 2014-03-10 18:42 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://apyway.exblog.jp/tb/20443617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mn3m at 2014-03-10 20:31
7枚目とか9枚目の黄昏時というのはやはりどこの国でも良いもんですね~
昼間の明るいベトナムもわくわくして良いですし、この時間帯のちょっとしっとりしたベトナムの良いな~
Commented by henronin at 2014-03-10 20:47
確かに6枚目を観ると女性の方はバックはタスキがけバックは前にが
基本のようですね でも 歩きたくなる街並みです。
Commented by sima7sima7 at 2014-03-10 20:51
こんばんは
そうか~ ホテルに入って歴史の建築美を狙うことも出来たんですね!
黄昏の時間は、体力的にギブアップ状態で、まともに撮れませんでした
街のネオンが煌くカットに憧れるな~ 次は体力を夜まで持たそうと思いますね
Commented by dejikaji at 2014-03-10 21:56
イナさん、こんばんはです。
3枚目、建物好きとしては、これだけでもかなりそそられる光景です♪
8枚目、おまわりさんもニケツなんですね~(^◇^)
Commented by apy-k at 2014-03-11 09:07
mnさん、そうなんですよねー、この日はちょうどいいたそがれどきに
町歩きができました♪
ここはほんとにヨーロッパ的なストリートだったので
余計によかったですよ♪
パワフルでさわがしいベトナムとはまた違う顏がみれる通りです。

あーこのあたりのホテルに次は絶対泊まりたーーーい!!
Commented by apy-k at 2014-03-11 09:10
henroninさん、そうですね、どこの国の観光客はみなさん
同じ注意をうけてるんだと思います。
なにかあってからでは遅いし。
なにもなくてよかったし(^^♪

危険なのはひったくりとすりなので気を付けていれば
撮り歩きは大丈夫ですから!!

あ、でもちょっとカメラを手に持ってたら
レストランの人からもすぐに首にかけろ、と指示されました。
Commented by apy-k at 2014-03-11 09:12
シマシマさん、おはようございます!
マジェスティックはよかったですよ~
泊まれれば一番いいけど!品のあるホテルですね~
ここと11枚目のコンチネンタルホテルは人気があるようです。
ヨーロッパふうな建物がいいですもんね!

この時間帯も風情があってよかったですよ、次回はお昼寝してから町に繰り出してください(^^♪
Commented by apy-k at 2014-03-11 09:14
dejikajiさん、おはようございます!
今日の記事はもっと建物編です、dejikajiさんが本領発揮する系♪
私にはお手上げ~~~
大統領官邸やお寺やら・・・・
おまわりさんのニケツ!!このうしろに黒塗りの車をたくさんのバイクで護衛してました。
政府要人だったのかな~~


<< Xin chào ベトナム♪ Ⅹ      Xin chào ベトナム♪ Ⅷ >>