2011年 10月 06日
ひかり
d0065116_1951490.jpg

先日の竜宮美術館2階の作品「ひかりを仰ぐ」の寄り系です♪

もっと光が入っていたらいろんな色が飛び出てたんでしょうね。
ちょっと時間がズレちゃってました。

光ってとらえ方で本当にいろんな表現ができるんだなーって思います。
アーティストの方の発想ってすばらしい♪

d0065116_19521999.jpg
d0065116_19541652.jpg
d0065116_19543061.jpg
d0065116_19564522.jpg


by apy-k | 2011-10-06 20:18 | 風景  雑貨・物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://apyway.exblog.jp/tb/14706614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dejikaji at 2011-10-06 20:37
イナさん、こんばんはです。
あの部屋の二葉、真っ白じゃなくって、裏に色が付いていたんですね!
それが反射して壁をうっすら染めるとは、さすがにアーティストの考える事は凄いですね。
自分も今度の土曜日は、神戸で行われるアートイベントを撮りに行って来ます。
Commented by sima7sima7 at 2011-10-06 21:21
こんばんは
作者の方は、此処まで寄りを想定してなかったかもしれませんよ!
イナさんの目線が、新しい芸術として世に出したトップの写真かも?!
やはり寄り系は、新しい世界の入口ですね(^笑^)
Commented by mn3m at 2011-10-06 21:27
ハイキー仕上げが絵柄にぴったりですね~
自分には撮れない世界です。 やはり女性特有の感性かな~
Commented by apy-k at 2011-10-06 22:52
dejikajiさん、こんばんわ!
そうなんですよ~、この前の私の説明じゃよくわからなかったですね(>_<)
なのでもう一回登場です!
光がうまく当たると部屋中いろんな色がでてくるんですって!
あー見てみたかった!!!
しかしこんなこと絶対思いつきませんね。
スバラシイ!!

おっと!東西アート対決?まだ横浜トリエンナーレもアップしてないので・・・(^_^;)
でもdejikajiさんの写真を早くみたいでーす!!
Commented by apy-k at 2011-10-06 22:55
シマシマさん、こんばんわ!
この部屋はまず全景を撮ってこんな感じだって記録したら
寄り寄りで撮りまくるのが正しいですね。
他のお客さんがいなかったから余計に!
でも慎重に撮らないと踏んじゃうそうでこわかったです(@_@;)

広角も寄り系もどっちもいいな。
でも寄り系のほうがいろいろ撮れますね、楽しいです(^^♪
Commented by apy-k at 2011-10-06 22:59
mnさん、最近ハイキーな女です(^_^;)
女子カメラも近いか?!・・・・遠いです・・・・・。
この部屋は真っ白でプリティーだったのでついつい。
男性がこの部屋撮るとどんな感じなんだろ?

cabinさんが行ったそうなので楽しみにしてます♪
Commented by yambophoto at 2011-10-07 12:32
こんにちは。
写真は光と影を読む?
光をどう捉えるかが重要?
とかなんとか、どこかで聞いたことがあるような気がします。
その光を捉えるために、何時間も何日もその場で待つとか・・・
まぁ、私には無理な話ですけど(-.-;

葉の裏が色づいてて、
光が当たると反射するんですねぇ。面白いですね、これ。
確かに一番光の状態がいい時に見てみたくなります。
Commented by apy-k at 2011-10-07 22:08
やんぼーさん、こんばんわ!
芸術に光は欠かせないですね、どんな作品でも
光の入り方でニュアンスがかわってくるし。
その1番恩恵を受けてるというか、むかしいとしいというかが
写真のようば気がしません?
私も何日も待つなんてできなーい!レジで並ぶのも嫌いなのにー(-.-)

この作品のセンスすごくいいですよね♪
思いもつかないもん・・・・
やんぼーさんもまだ見れるチャンスあるよ!

あ、あと12月はイベントがいろいろあるぞ~~!!!
連絡しますね!


<< 海を見つめるひとたち      GINZA >>