2006年 01月 11日
冬の散歩道
d0065116_2031421.jpg

お~これかぁ。
「太陽の季節」文学記念碑、もっと大きいかと思ったらジャストサイズ。
道路にむいて建っているので134号線をドライブ中の人にも見える。
“太陽の季節 ここに始まる 石原慎太郎”シンプルだけどわかりやすい。
この作品が芥川賞を受賞してから50年だそうな・・・ひぇ~半世紀かい。
その頃のお気楽な青年達を描いているわけだけど、今の若者とそうかわらないんじゃないの?
と思うその辺を慎太郎さんはどう感じ取っているんでしょうね。

d0065116_2093633.jpg

三日月形の逗子海岸。
水があまりにきれいで飲んだらおいしいんじゃないか?と錯覚してしまう。
穏やかで、暖かくて・・・・やはり海は冬が美しい。
風がないけどウインドサーファーはそれなりに海の散歩を楽しんでるようでした。
ウインドサーファーといえば石丸謙二郎さんのブログがなかなかおもしろかった。
津久井浜でよくウインドをされてるし、走水あたりでも釣りをしてるらしいです。
役者の裏側、アスリートとしての話はおじさまであるけど元気そのもの!脱帽。

d0065116_20192351.jpg

渚橋をくぐって富士見橋を渡って田越川沿いを歩く。
鏡のように静まり返った水面、平日だし誰もボートをだす人もいやしない。
あまり時間がなかったので、六代御前で引き返す。
ん~・・・・源氏だ平家だって頃の話だからすごいもんだぁ。
田越川沿いで26歳の平高清は斬首されたそうな・・・この辺だったのかしら・・・こわ。
成仏してくれてるわよね(;^_^A

d0065116_2037539.jpg

なにもそんなとこの隣じゃなくても・・・ってとこにカフェcoyaさんがあった!
ちょっと茶でも、と思ったら金土日しか営業してないようです(T_T)
はぁ~・・・・・また自販機のコーヒーかよ・・・バタ。

by apy-k | 2006-01-11 20:41 | ウォーキング | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://apyway.exblog.jp/tb/2513864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オードリー at 2006-01-11 22:00 x
石原慎太郎さんだったか。。。
芸術は爆発だーの人のかと思っちゃった。
やっぱり海は冬がきれいで良いよね。あたしも冬の海が好き♪
そのうち、お散歩してこようかな。
Commented by やっこ at 2006-01-11 22:10 x
渚橋から田越川沿いの道、赤い欄干の橋があったり、なんとなく風情があってスキです。
たぶんKOYAさんの近くに、「アンの家」という喫茶店があったと思うけど、そこも気になってます!
Commented by apy-k at 2006-01-11 22:58
オードリーさん、慎太郎よ~太郎みたいな太陽だけど(;^_^A
竣工式の時は石原軍団総出でやってきたらしいよ。
名物炊き出しがあったかは不明・・・・・

いや~今日の海はマジマジマジにきれいだった!
このまま夏だといいのにそうはいかなとこが悲しい(T_T)
気温もちょっと高めだったから石垣にもたれて海を見てると
ぽかぽかで気持ちよかったよ~
オードリーさんもお散歩行っておいでよ~♪(b^ー゜)
Commented by apy-k at 2006-01-11 23:05
やっこさん、赤い橋が富士見橋です、ちょっといいよね!
あの辺の住宅街もすてきなおウチがあったりで目の保養にもなります。
開成の給食室で大きな鍋でごはんを作ってるとこも見れちゃったり(;^_^A
夏は車がいっぱいでのんびりできないし、散歩はやっぱり今がイイね!

「アンの部屋」も道沿いで赤い看板がでてるからすぐわかるよ!
ちょっと私にはメルヘンワールドっぽくて一人で入る勇気が
なかったc(>_<。)
coyaさんみたいなお店はずんずん入れちゃうんだけど・・・
誰かいっしょにいってぇぇぇぇぇ~
Commented by 本ちゃん at 2006-01-12 07:07 x
 石丸さんて「車窓から…」の人ですよね。
筋肉番付に出ていてびっくりしたことあります。
ドラマや映画では渋い役ばかりだけと、私生活は活動的なんですね。
Commented by なると at 2006-01-12 18:13 x
COYAって一度行ってみたいよね
だって猫がいるって言うじゃんww
でも開いてる日が少ないからね~~
そしてこの川。
なにかあるとは思ってたけど
やっぱ首切りあったんだぁ
未だ成仏してないだろうヨ このどんより感
感ずることの多い妹でした。
Commented by apy-k at 2006-01-12 20:37
本ちゃん、そうそうその石丸さんです!
筋肉番付もサスケも出ちゃいます、「うるるん」でも台湾ですごいこと
体験してましたね~。
ウインドもかなりの腕前らしいですよ、風の強い日に津久井浜に
いるかもしれませんよ~。
Commented by apy-k at 2006-01-12 20:40
なるとさん、猫はそのへんにはいなかったにゃ~
とにかく金土日の昼間と夜みたいよ、逗子からバスで
「六代御前まえ」で降りて霊気を感じてみてください、ふぁっふぁっふぁ
そんなとこで昔肝試しやってたアホなブラバン連中がいたもんです。
夜は相当こわ~い(;>_<;)
Commented by xenical2000 at 2006-01-12 22:51
この太陽は…やっぱり岡本太郎先生の作品ですか?
どれをみても…「太陽の塔」と同じように見えてしまいます。
ちなみに今、住んでいる船橋市のアンデルセン公園には
入口近くに10M?くらいの「平和を呼ぶ」像という岡本太郎先生の
オブジェが飾られています。これにもやはり太陽あります(笑)
Commented by やっこ at 2006-01-12 23:02 x
この太陽は岡本太郎さんの作品のようですね。
こんなところ見つけてきました。
http://www.i-shintaro.com/c2/c2-6/2index.html
横浜そごうの屋上にもいっぱい太郎さんの太陽があります。
Commented by apy-k at 2006-01-12 23:42
xenical2000さん、太郎さんの作品だそうです。
一目瞭然といった風情ですけど(;^_^A
慎太郎と太郎・・・なかなかいいもんです。
アンデルセン公園ですか、童話の世界が広がってそうですね、
そこにもやはり太郎先生が・・・・日本中にいくつ太郎先生の太陽が
あるもんなんでしょね(・_・)
Commented by apy-k at 2006-01-12 23:47
やっこさん、HPありがと~。
逗子市はずいぶん前から力をいれて建設にあたってましたよね。
一体なにを作り始めるんだ??変なもんつくんなよー!と
横目で見ていた横須賀市民でした(→_→)

え?そごうの屋上にもあった?
なんかビアガーデンみたいのと子供の遊び場しか記憶にない・・・
かわったのかな?そういえば子供が大きくなってから屋上に
行ってないや(;^_^A  こんどチェックしまっす!!
Commented by shu at 2006-01-16 21:35 x
「太陽の季節」の石碑の除幕式は僕が流鏑馬を撮りに行った翌日だったんです。
流鏑馬よりも人が集まったとか。
ところで「朝ズバッ!」で、みのもんたが言ってたけど
この石碑の裏に石原軍団のメンバーらの座右の銘などが刻印されていて
なんと渡と舘の座右の銘とサインとが逆になっていると言ってましたよ。笑
Commented by apy-k at 2006-01-16 22:31
shuさん、えええ!そんな大ネタがあったんですか!!
裏までちゃんと見ませんでした・・・・
なんておまぬけな(◎o◎;)
もうどうにも修正できなかったんですかね~・・・・・
またそれを名物にしちゃうとか(;^_^A
しかしご本人さん達はどうなんでしょう?心のひろ~~い石原軍団を
アピールでしょうかねo(@.@)o



<< ズバリ解決!      母校詣で >>