2006年 02月 19日
飛騨の里
d0065116_23375939.jpg

高山の市内から少し山に登ると遠く立山連山、槍ヶ岳などの
アルプスの山並みと町の景色が綺麗に見える、これまた町中とは
全く違う風情です。
飛騨の里”は合掌作りの家を移築してあります。

d0065116_23415475.jpg

すごいです!家の中も見学できるんだけど、これがまた
寒いのなんの!!外より中のほうが寒いんだからo(@.@)o
壁は隙間だらけ、雨戸がない、中はだだっぴろい。
いろりがひとつ、ふたつでは到底暖められないんじゃないだろうか?
マイナスの気温の中で、あ~暖かい!と実感できる時はあったのかしら・・・
とても台所にたってられない・・・外のトイレに行けないよ~~~(T_T)

d0065116_23473220.jpg

つららもハンパじゃありません、下は凍ってるし、つららも危ないし・・・
結構命がけデス?!


d0065116_23515122.jpg

どこの家も本当に広い、馬小屋まで装備。
ココは元庄屋さん、集会にも使われてたらしい。

d0065116_014698.jpg

遠くのアルプス連山。
海おんなもたまには雪山に魅了されちゃうわね~~(*^.^*)

by apy-k | 2006-02-19 00:03 | 旅行 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://apyway.exblog.jp/tb/2710949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たっちん at 2006-02-19 01:03 x
いや~、いいなあ~。
うらやましいな~。
楽しんでますね。
それにしてもイナさん、カメラワーク、いいっす!
Commented by apy-k at 2006-02-19 11:12
たっちんさん、雪を見ると鼻息も荒くなるでしょう??
高山からは駅前からどこかのスキー場行きが出てましたね~
スキー以外で雪のあるほうへ行くのはイチかバチかですよね!
吹雪いてなくてよかったです、たっちんさんも20周年にどこか
二人ででかけてみてはいかがですか?ア、高山行きます?!
Commented by なると at 2006-02-19 15:18 x
やだやだ~~~~~~っ
絶対に住めないっ
おまけにトイレが外ですと?
尻が凍ったらどぉすんのっ!!!
でも、この中の作りは和もの好きにはたまらんですwww
Commented by やっこ at 2006-02-19 15:20 x
やっこもここ、高校時代に行きました。
冬はやっぱりつらいよね。
コタツもふかふかの靴下もダウンジャケットもない時代、昔の人は強かったんだよね。。。
Commented by TOM at 2006-02-19 15:45 x
飛騨高山か~いいな~:学生の夏合宿で行きました。木曽福島で集合して、半日かけて、野麦峠を登って、山中で、テントを張って、翌日降りてきたのが、飛騨高山でした。合掌作りの村は、鮮明に記憶に残ってます。翌日、能登半島に向け、また峠越えしたな~
Commented by mizue at 2006-02-19 20:36 x
綱渡りの乗り換えも無事だったのね、寒くて凍えそうだけど高山の雪景色はいいよねぇ~
転ぶこともなく素敵旅行でよかったよかった!

ジモティーの自転車すいすい見なかった?
Commented by apy-k at 2006-02-19 21:23
なるとさん、あれじゃ尻がしもやけになっちまうよ(;>_<;)
で、風呂場がないんだよ・・・やっぱり外にあったのかな~・・・
すぐに冷めちゃうよ、でも馬は家の中で飼う・・・大事なんだね。
合掌造りの2階から天井裏をみるとすごい作業で作ってるのが
よくわかる、さすが世界遺産だね~。
囲炉裏でいぶされてどこも黒光ってるのもスゴイ。

あ、仏壇や神棚、タンスもそのままって家もあったよ。
おもわず合掌~~。
Commented by apy-k at 2006-02-19 21:32
やっこさん、修学旅行でいけるのもいいな~。
30年前に見たときもすごいな~と思ったんだろうけど
大人になって見ると生活の大変さが痛感しちゃってよけい感じることが
深いかもしれないね。
本当に昔の人は忍耐強いよねー、とにかく隙間だらけで外の光が
よくみえるってことがぶったまげ!!
零下の世界なのに・・・・・なんか泣きそうになっちゃった(T_T)
Commented by apy-k at 2006-02-19 21:36
TOMさん、よかったですよ~~
こんどは電車でのんびり行ってみてはいかが~?
しかし、自転車野郎たちはすごい強行軍だったんですね!
峠を二つ越える・・・・日本海に行く・・・・帰りも超えて帰るのかしら??
昔の飛騨の人もすごいけど自転車野郎たちも同じくらいすごい!と
思ってしまう私です(◎o◎;)
Commented by apy-k at 2006-02-19 21:42
mizueさん、セ~ッフ!でも行きの新幹線3分遅れ気味で出発でさ~
ひやひや!自動改札ではどの切符いれていいかわかんないし・・・
ココは日本なのになんでわからんのだ!!と自分が情けない・・・
帰りは私達は大丈夫だったけど、高山本線が遅れて
1本前の新幹線の人は乗れなかったみたい・・・
やっぱり乗り換えは十分時間をとりましょう~!

あ、自転車すいすい人いっぱいいた!!全く関係なく乗ってたよ!
ん~あのタイヤに秘密があるのか・・・見てくればよかった(;^_^A
Commented by オードリー at 2006-02-19 21:50 x
すごいつらら。殺人じゃーーっ。血ぃみるぞ~~。グサッ!
危ない 危ない 気をつけて通りましょう。
これじゃあ、やっぱりタイツ二枚じゃないとねぇ。。。さぶっ
Commented by apy-k at 2006-02-19 22:58
オードリーさん、すごいでしょ!どこの軒先にもこれがあるの!
これで殺人しても凶器は溶けちゃうわね、完全犯罪だわ?!
しかもつららだけじゃなくて「落雪注意!」って看板もあるのよ
今年は雪に埋もれて亡くなった人が多いから、マジ気をつけましたよ。

ね、ね、タイツで正解だけど1枚じゃ不正解だった(T_T)


<< おまけ      おやど 古都の夢 >>