2006年 06月 30日
6月の終わりに・・・・
今夜は高校時代、ともにブラバンで汗を流し涙をぬぐった友人の
お通夜です。

いってきます。

亡くなった、と一報をうけて同期や先輩、後輩への連絡に追われながら
日常を送ってきた、実感がわかないし、どこか封印していたのかもしれない。
今夜、遺影を見てもまだウソのようです。
笑ってるんだもんね、ニッコリと。
残された家族も毅然としていました。
誰もが時間の経過とともに消えてしまった現実を知るのだろうね。
それはすぐなのか、まだ先なのか・・・・
突然の死というのはそういうものなのだろうか。

旅行中の不慮の事故でした。
元気になって帰ってくると思われてた矢先の死。
旅行に行かなかったら、そのときそこにいなかったら・・と悔やまれます。
誰もが一瞬先に暗闇が口をあけて待ってるなんてわかりはしない。
なにがなんだかわからないまま天に召されたのでしょうね。
二度と新しい朝を迎えられないってどういうことなんだろう・・・・

最後にKくんの姿を見たのは2週間前、白いワイシャツをうでまくりして
パソコンにむかって仕事をしていた、かわらぬ風景だった。
最後に話しをしたのは1ケ月前、吹奏楽団の練習の帰りだったKくん
「演奏会聞きにきてよ!」それが最後、結局その演奏会の日には本人は
生死の境をさまよってたんだよな・・・
同期の中で私が一番最近の姿を見ていたようです。
そう、当然明日がくると信じて生きてたKくんを。

昼間、若いOBからメールがきた、「信じられない」と。
母校の演奏会もよく手伝っていた、何年も途切れてた後輩達との交流の場を
作ってくれたはるさんのおかげで
娘のような年頃のお嬢さんがKくんの死を惜しんでくれる。
音楽が人と人を結んでくれるんですよね。
やっぱり人間は一人じゃないんだよー。

Kくんを知ってる人はどうぞ、忘れないでほしい。
時々思い出してください、それがKくんが生きてた証ですから。

あじさいやしょうぶの花が見えますか?
Kくんが旅立った6月はこんな花が咲いてる季節です。

by apy-k | 2006-06-30 17:28 | つぶやき | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : https://apyway.exblog.jp/tb/3322595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by やっこ at 2006-06-30 19:12 x
ちょっと天国に行ってしまうには早すぎませんか?
まだまだこれからなのにねえ~。
噂によると私の同級生もちょこちょことあちらに行かれてるそうです。
男性の方が割合が多いかな?
やっと人生のターニングポイントなのにネ・・・
Commented by たんしおれもん at 2006-06-30 20:10 x
同級生のお通夜ほど悲しいものはありません・・・・
40代じゃ早すぎです。
お友達のご冥福、心よりお祈り申し上げます・・・。
Commented by ちくわぶ(喪) at 2006-06-30 20:21 x
ご冥福お祈り申し上げます。

しっかり送ってあげるのが残された人たちの努めですよ。
Commented by caramel-chan at 2006-06-30 23:15
しっかり送ってあげるのが、残された人たちの努め。。。

そうですね。
重く響いてきます。

友人のご冥福、お祈りします。
Commented by 桜貝 at 2006-06-30 23:53 x
お友達の笑顔と楽しかった日々を思い出しながら
送ってあげていただきたいです。
お友達のご冥福をお祈りいたします。
Commented by きんた at 2006-07-01 00:10 x
彼が遺影の中から、出てきそうな写真でしたね!

あの彼の笑顔は、今後の遺族をきっと守ってくれるでしょう。

頑張れ!
Commented by westup at 2006-07-01 01:49 x
年齢、残されたご家族、仕事、そして不慮の事故・・・どれを取っても悲しすぎる・・・無念だね。K君のご冥福をお祈りいたします。
私も「長い人生とは言えないけど、頑張って生き抜いた同級生」の事忘れないよ。

イナさん、金太さん、ブラバンのみんな、元気出してね!!
Commented by 太鼓っ子 at 2006-07-01 11:51 x
ご友人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
色々なことを考えさせてもらいました。
ありがとうございます。
Commented by なると at 2006-07-01 18:16 x
もしかして私もお会いしたことある方かな?
早いね。
私は幸いまだ同級生の死には直面していないから実感がないんだけど
ともちゃんの死がそれに近かったかな
泣けるのは後から後からなんだよね
その人から貰った笑顔とか優しさとかを大切にね
Commented by apy-k at 2006-07-01 20:00
やっこさん、まったく早すぎます。
まだまだ我々が見送らなくちゃいけない人がいるのに飛び越えて
逝っちゃうことはないのに・・・・
私中学の同級生はもう4人亡くなってます、全部男の子。
これで5人・・・なんでぇぇぇ???
まだ子供が小、中、高校生・・・・一番下のお嬢さんが寂しそうに
座っていました・・・・(T_T)
Commented by apy-k at 2006-07-01 20:05
れもんさん、行ってきました。
ブラバン以外の同級生の姿はみかけなかったです。
でも、ひさしぶりに先輩や後輩にも会えてこういう場というのは
ちょっとつきあいが遠くなってる人同士を会わせてくれるんだよね。
もっと楽しい席で会いたいもんだけど(T_T)
ご冥福祈ってくれてありがとう。
Commented by apy-k at 2006-07-01 20:13
ちくわぶ(喪)さん、お悔やみありがとうございます。

少ししたらみんなとKくんを偲ぶ会をしたいと思います。
そうやって時々みんなで思い出して心に刻んでいこうと思ってるよ。
Commented by apy-k at 2006-07-01 20:24
きゃらめるさん、お棺の中の顔はとても安らかだったそうです。
頭を強く打ったのが原因だったんだけど
痛みはなかったのかな~?
苦しくなかったのかな~?と考えてしまいます。

安らかに旅立った、そう思いたいです。

Commented by apy-k at 2006-07-01 20:34
桜貝さん、思い出は本当に大事ですね。
たくさんあればあるほどいい。
ちょっとユニークな性格だったんだけど、もうあのユニークさが
見れないのが寂しいよ・・・
お悔やみありがとう。
Commented by apy-k at 2006-07-01 20:37
きんたくん、あの遺影はKくんらしいね。
どこでいつ撮ったものなんだろうかね・・・
まさか、旅行先か???

家庭ももってると残された家族の気持ちがやりきれないよね。
なにもできないけど。
すくすく育ってほしいと願うばかりだね。 ほんと、ガンバレ!!
Commented by apy-k at 2006-07-01 20:42
westupさん、ありがとう。
あまり接点はなかっただろうけど、同級生としていつまでも
覚えていてあげてね。
ブラバン以外でも悲しんでくれてる同級生がいてkくんも
うれしいと思うよ。

無念、40代の死はそれ以外にいいようがないよ(T_T)
Commented by apy-k at 2006-07-01 20:45
太鼓っ子さん、こちらこそありがとうございます。
なにかあったときじゃないと感じないことって多いですよね。
そして、また平凡な日々が続くと忘れてしまう。

それはそれでいいのかな?
日常ってそういうものかもしれないな~・・・・・・
Commented by apy-k at 2006-07-01 20:54
なるとさん、kくんには直接会ってないと思うよ。
80周年と定演には一緒にステージにあがってたけど。
Tbなんだ、今でも吹奏楽団で吹いてるのはkくんだけだったんだよね。
ポールさんが「あんなに音楽好きだったなんて知らなかったなー」と
言ってたけど、自分のバンドもあるし、バンドを集めてライブの
主催もしてたんだよね。
在校中のkくんからは信じられないのだ。
大人になったんだよ、うんうん。

今もまだピンとこないんだよ・・・なにか突然フラッシュバックみたいに
来る日があるような気がする。
ただただ信じられない・・・それが早すぎる友人の死です。

Commented by Akane at 2006-07-01 21:13 x
ご友人を送られたのですね・・・

URLのところに「Walking Tour」というページを貼り付けさせていただきました。音の出るページです。
ぜひご覧になってください。
ご冥福をお祈りしております。
Commented by apy-k at 2006-07-01 22:14
Akaneさん、どうもありがとうございます!!
以前にも見たことあったんだけど、忘れていました、
その時はなるほどね~・・
よくできてるな、と思った記憶があります。

でも、今見させてもらったら涙があとからあとからでてきて
しまいました。
私達は前をむいて歩いていかなくてはいけない。
立ち止まった人はずっとそこにいて応援してくれてる・・・

きっとそうなんだと今日はすごく思いました。
今はじめてkくんの死を実感したような気がします。
ありがとう、Akaneさん。
Commented by 慎之介 at 2006-07-01 22:29 x
このようなお話、とても辛いものがあります。
知らせを受けた時は「まさか!」と思うのでしょうね。
明日は我が身かもしれません。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by apy-k at 2006-07-02 00:01
慎之介さん、まさに「まさか!」です、誰の話をしてるのか
しばらくわかりませんでした、電話を切ってからよく理解したような・・・
まだまだ慎之介さんの身にこないことを祈ってます。
だって早すぎます!!
まだ20年、30年先の話しでいいんですもんね・・・・
Commented by タロさん at 2006-07-02 07:40 x
日々いろいろな現実がおきて、そして去っていきます。
受け入れたくないことも、そうでないことも含めて・・・。
おなじ時代に、おなじ時間を共通の目標に向かっていた友人。
共有していた時間に感謝して、あじさいやしょうぶの咲く頃に思い出してあげてください。天国からほほえんでいることと思います。
Commented by apy-k at 2006-07-02 09:00
タロさん、そうですね、現実を受け入れて過去になっていく。
その繰り返しなんですよね。
いろんな想い出の中に、せつない記憶も混在する、年をとればとるほど
こういったものが増えていく・・・仕方ないですね。
紫の花かぁ、そういえば似合う色だったかもしれないな~・・・。


<< ワールドカップ4強 2006      マルシンのコロッケ >>