2005年 09月 26日 ( 1 )

2005年 09月 26日
本日のお題。
会社でのお昼の憩いのひととき、いろんな話がでるもんだけど
今日はおもめに“介護”であった。

まだ私には経験はないが、その日がきたら・・・生活は一変するのだろうな。
今でも家事が嫌なのに、介護に家事に、仕事もやめられなかったら・・・
・・・・私も倒れるではないかw(☆o◎)w
介護の介護人の介護は一体誰がみる?
やはり健康、体力、精神衛生の確保が大事になるのであろう。

パートのお姉さま方はすでに両親を見送った人、今まさに介護する人がいます。
現場の話しを聞くとせつなくなります。
今までふつうにできたことができなくなった時にみせる悲しげな顔、
ごはんを食べることすら忘れること、
服まで汚す失禁。
しっかり今まで育ててくれた人が変わり果てる姿を受け入れることができるのだろうか。

来る日も来る日も介護の生活、いけないこととわかっているけど
親に手をあげることもあったという・・・・・
そのあとはきまって友達に電話をして号泣したそうだ・・・・・
誰だってそんなことはしたくないけど、本人しかわからない戦場なんだよね(T_T)
それを「なんてことするの!」とは誰が言えるといえよう?
本人が一番いけないことと分かってるのに・・・

もちろんそんな介護ばかりではないかもしれない、
とりあえず先輩方の話を聞いて情報はストックしておこう。
そして明るい介護生活もしくは、達者なご老人達でありますように~\(゜・ ゜)神様~

by apy-k | 2005-09-26 22:44 | つぶやき | Trackback | Comments(8)